相続の基本的な流れ

相続の始まり   ‐それはある日突然訪れることもある‐ 

最高気温氷点下1度。父(75)が、日課だった愛犬の散歩中に、真冬の道端で倒れ、そのまま救急搬送。翌日帰らぬ人に。

このページでは、家や土地、そしてお金など、いわゆる財産の相続に話を絞って説明していきます。

それでは、右の仮想の家族を例に、相続の簡単な流れを見ていきたいと思います。

 

(75)と(70)は、新潟市に二人暮らし。愛犬あり。

長男(40)は、お嫁さん(38)と(5)と3人で東京郊外で暮らしています。職場は新宿で、毎朝1時間半かけて西武新宿線で通勤しています。

長女(38)は、実家の近くのマンション12階で一人暮らしをしています。

平成30年2月22日 父(75)が帰らぬ人に

相続は、誰かが亡くなったときから始まります。

まずは、相続する財産がどのくらいあるか調べます。

主なものは、家と土地、そして預金・貯金などがあります。

借金などのマイナスの財産も調べる必要もあります。

父(75)が持っていた財産をもれなくリストアップしていきます。家や土地の名義がまだ祖父の名義であったり、祖母の名義であったりすることもあります。

(この場合は少し複雑なので後日あらためて説明します。)

相続財産を確定したら、相続人の確定へ

相続人は、法律で決められています。今回の家族の場合は、母(70)と長男(40)と長女(38)の3人です。

もし、父(75)が亡くなったとき、すでに長男(40)がなくなっていれば、その子(5)が相続することになります。これを代襲相続というのですが、細かいことは日を改めて説明します。

そして、相続する割合は、これも法律で決められていて。

配偶者である母が半分。子どもの長男と長女が残りの半分を分け合います。

不動産など分割できない財産が、主な場合は調整が必要になってきます。

遺言書があるかないか調べる ‐遺言ありの場合‐

相続財産と相続人が確定したら、遺言書がある場合は、その指示通りに財産の相続手続きを始めます。

ただし、遺言書にはメジャーなものとして、自分一人で完結できる「自筆証書遺言」

公証役場で作成する「公正証書遺言」があって、少し手続きの進め方が違ってきます。

この辺も後日説明したいと思います。

さて、遺言書があった場合、必ずその通りに相続手続きをしないといけないかというと、基本はそうです。

ですが、相続人全員が「遺言とは違う風に分けよう」と合意した場合は、新たにだれがどの財産を相続するか決めることになります。

‐遺言がない場合‐

遺言が残されていない場合は、相続人で話し合うことになります。

遺産分割協議といわれます。一から話し合うのでうまく進まないケースも多くあります。

もちろん父の生前に、相続に関して話し合っている家族では、揉めることは少ないのかもしれません。

 

遺言がない場合は、父の意思が形として残っていないため、財産分割の指針が欠けているといえるかもしれません。逆に言えば、遺言があるということは、遺言通りに相続するかしないかは別として、父の意思が財産の継承に対して少なからず影響を持つでしょう。

遺言を作っているかいないかは、エンディングノートなどにメモしておくと、

残された家族は助かります。

まとめ

相続が始まったら、

相続財産(マイナスの財産も含む)をリストアップし、

相続人が誰かを確定させる。

そして、相続手続きは遺言があるかどうかで変わってくる。

遺言がある場合は、その通りに相続手続きをする。相続人全員が遺言内容に反対することに合意したなら、

改めて協議する。

ⅲ` 遺言がない場合は、相続人全員で協議する。

エンディングノートなどに、どのような財産がどこにあるか、遺言書はあるかなどをメモしておくと

残された家族は助かる

 

今回の仮想家族のように、子どものうち片方は地方を離れて暮らしている。

方や両親の実家近くで暮らしている。

このようなケースでは問題が多くある傾向にあります。

例えば、

両親の家の近くに住んでいる長女だけが親の介護をしていた。もしくは介護の相当部分を負担していた。

長男も、頭では介護がつらいことはわかっていても、実際やっていないので本当のところは理解できない。

そして、長男はもう新潟に帰る予定はないので、実家の家も土地も相続したくないと考えている。

だから代わりに「現金で相続分を渡してほしい。」

と、こう言いだしてしまうと、なかなか収拾はつかなくなります。

5歳の子供がいる、長男のお嫁さんも関与してくることも考えられます。

 

一度、自分の家族ではどうなるか、シュミレーションしてみると問題が発見できるかもしれません。

今回の説明が参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です