尊厳死宣言書とは

尊厳死宣言書とは?

病気・事故により回復の見込みがない状態になったときに、生命維持治療を差し控える、

又は、中止して人間としての尊厳を保たせつつ、死を迎えることを尊厳死といいます。

 

尊厳死は、医学的見地から治る見込みがなく、死期が迫っていて、人工呼吸器をつけるなど

延命措置をしても、死期を引き延ばすだけという場合に認められています。

 

そして、尊厳死宣言書とは、本人が、自らの意思で延命措置を差し控え、又は中止し

「尊厳死を望む」という考えを、医療関係者にや家族に意思表示する書面を言います。

 

※日本には尊厳死についての法律がないため、文字通りに実現される保証はありませんが、

文書を医師に提出することで、本人の意思と希望を確認することができます。

 

文書には

①尊厳死希望の意思表示

②尊厳死を望む理由

③家族の同意

④医療関係者に対する免責(刑事事件だけではなく民亊責任についても免責するなどの記載)

⑤宣言内容の効力

などを盛り込みます。なお、上記の内容を宣言書に盛り込んだとしても、そのままでは

普通の手紙(私文書)と変わりがありません。

ですから、自分の最後の重大な意思をきちんと担保するために

「公正証書」(公証人に作成してもらう文書)として作成し、保管しておくことが大切です。

 

 

また、尊厳死と安楽死は、まったく別のもので

日本では、まだ安楽死については認められていません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です